ズシンッと腰が重い!その原因がわからない方は必ず読んで下さい。

腰痛は日本人口の3人に1人がなると言われている国民病ですが、驚くことにその85%は原因不明とされています。

 

今回の記事では腰痛の原因が不明であると言われる理由をご紹介します。

 

専門医でも原因が特定出来ない事が多い

 

 

腰痛になって専門の病院に行く。
一通り診察を終えて、取りあえず湿布を出しておきましょうとなる。
殆どの方が経験することかもしれません。

 

何故、専門家である筈のドクターが原因や病気の名前を言えないのか?


その理由は、病院で行われる3つの検査である

 

  1. 問診:口頭で症状を聴取すること
  2. 画像検査:レントゲン、エコー、MRIなどの視覚的な画像による検査
  3. 神経検査:神経反射や知覚検査などにより神経の状態を把握する手段

 

などの検査で特定できるのは全体の15%であり、その他の原因に関しては特定することができないからです。

 

このような原因がわからない腰痛は「非特異的腰痛症(ひとくいてきようつうしょう)」と診断されます。

 

要するに「原因はわかりません」ということです。

 

では、なぜ残り85%の原因をしっかり検査して特定できないのでしょうか?

 

腰痛の85%が原因不明とされる一番のわけ

 

 

実は85%の中には命に関わるような危険性が無いので、それ以上に精密な検査が必要ないと病院では判断されるのです。

 

病院では命に関わる症状に対して精密な検査を行うので、そうで無い症状に対してはどうしても上記の3つの問診・画像検査・神経検査で終わることになります。

 

命に関わる腰痛の存在が結果的に原因不明の腰痛を増やしている要因となっているのです。

 

原因不明の腰痛と向き合う

 

 

問診・画像検査・神経検査の3つの検査で発見される15%は、重大な症状を引き起こす可能性がある腰痛症であり、絶対に鑑別する必要があります。

 

それに対して85%の非特異的な腰痛症は「放っておいても治るだろう」と考えられてしまうので、腰痛のほとんどは原因がわからないと勘違いさせてしまっているのかもしれません。

 

ですが、原因が分からない腰痛は命への危険性が無いからと放置して良いものではありません。

 

例え原因が解らなくても、後に状態が悪化する可能性もありますし、歩くことさえ出来なくなるかもしれません。

 

人間は歩けなくなると、全身の筋肉が衰え、心肺機能の低下により心不全になるリスクが高まります。

 

まとめ

 

今回の記事では腰痛について原因不明な物が多い理由をご紹介しました。

 

原因不明の腰痛だからと放置してOKとはなりません。


痛みによって運動不足や歩行困難に陥ると、命に関わる状態に発展することになります。

 

原因が分からないから命に関わらないと思い放置することは大変危険な考えです。

 

病院に行って1か月が経過しても腰痛が治らない場合は、腰痛に特化している専門家に相談しましょう。

【初回施術】脊柱管狭窄症、すべり症、パーキンソン(西宮市 70代)

before画像

脊柱管狭窄症と診断されてから歩行も杖がなくては歩けない状態でした。確かにこれだけ歪んでいる状態だと歩くことが難しいと思われました。

after画像

施術後は大きく曲がっていた腰が伸びて歪んでしまっていた背骨も整いました。その結果、姿勢が改善され歩くことも可能となりました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

【初回施術】ぎっくり腰、ヘルニア、歩行障害(西宮市 30代)

before画像

腰の激痛により、歩行が困難な状態でした。左側に体重を乗せることができません。身体の歪みもかなりのものです。

after画像

施術後は腰が楽になり、左側へ体重を乗せることが可能となりました。背骨の歪みも改善しています。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

キャンペーン

1日 先着名様限定/

自律神経歪み改善専門コース

半額5,500円(税込)

※通常初回11,000円(検査2,200円+施術8,800円)

2回目以降 8,800円(税込)

料金・予約方法を詳しく見る

ご予約時に「HP見た」とお声かけください

LINE

カンタンWEB予約

腰痛症について詳しくはこちら

腰痛症

この記事に関する関連記事