足に痺れを感じさせる症状とその原因とは?

足に痺れを感じている方には概ね腰に対して問題意識があるのではないでしょうか?

腰痛だから一晩寝たら改善すると安直な考えでいたら、その後になって足に痺れが残った深刻な状態に陥ることがあります。

そのままでは、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症のような、慢性化した腰痛が悪化して起こる状態に陥入り、足の痺れを伴います。

その原因は、腰骨の歪みにより神経の出口となる椎間孔が狭くなっているからです。

 

では、なぜ椎間孔が狭くなると痺れが現れるのでしょうか?

腰骨は全部で5つあるのですが、骨と骨の間に椎間板が連結することで椎間関節が形成されます。

この椎間関節の後方に神経が通る穴が椎間孔なのですが、これが狭くなると神経が圧迫され神経への血流が阻害され痺れを生じるのです。

歪みが治れば椎間孔も拡がり、痺れは改善するのでしょうか?

答えはNOです。

 

ここで問題なのは、神経は筋肉と違って血管が少ない為、血液供給量が少なく、圧迫を受けて阻血状態が継続されると回復に時間がかかります。

神経組織は筋肉組織の3倍以上回復する時間を要するので、歪みが改善したが痺れは残ることが多いのはこれが理由です。

そのため、痺れを改善するには椎間孔が正常な大きさになっている状態を持続的に維持させる必要があります。

そして、歪みの無い状態で、神経組織が回復するのを待つしかないのです。

 

ですから、歪みが整っているのに痺れが残っているのは当然なことで、痺れを解消するには腰痛の3倍時間を要します。

身体の歪みは日々の生活環境が原因で、徐々に椎間孔が狭くなってしまうのです。

その為、治すのにも回数と期間を要するのは当然だといえるのです。

 

 

 

【初回施術】脊柱管狭窄症、すべり症、パーキンソン(西宮市 70代)

before画像

脊柱管狭窄症と診断されてから歩行も杖がなくては歩けない状態でした。確かにこれだけ歪んでいる状態だと歩くことが難しいと思われました。

after画像

施術後は大きく曲がっていた腰が伸びて歪んでしまっていた背骨も整いました。その結果、姿勢が改善され歩くことも可能となりました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

【初回施術】ぎっくり腰、ヘルニア、歩行障害(西宮市 30代)

before画像

腰の激痛により、歩行が困難な状態でした。左側に体重を乗せることができません。身体の歪みもかなりのものです。

after画像

施術後は腰が楽になり、左側へ体重を乗せることが可能となりました。背骨の歪みも改善しています。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

「えっ?こんなので大丈夫なの?」でも良くなっていったので驚いてます。

お客様写真

腰痛からだんだん痛みが強くなり、腰から膝までが痛くなり歩けなくなっていました。

通勤のために家から駅までの10分間が歩き続けられず植え込みに座り込むこと5回。

病院に行ったら「手術」を勧めれれて途方にくれていました。

そこで、数あるホームページの中から当院が直感的に良さそうだったので、思い切ってお願いしました。

整体はきつくなくマッサージするというイメージだったので「えっ?こんなので大丈夫なの?」という印象でした。

しかし、どんどん良くなっていったので驚いてます。

自己治癒力、通い続けることの大切さなど先生の説明も納得できました。

今回、歩けないほどの腰痛を経験したことから治療の大切さを痛感しました。

そこでお伝えしたいのは、痛みがおさまってOKではなく、通い続けることをおすすめします。

歩けなくなるまで放っておかないこと。

自分は大丈夫、そのうち改善すると思わないこと。

年齢には勝てないので早めに自分の身体を守ってあげることが大切だと思います。

高田様 西宮市 61歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

キャンペーン

1日 先着名様限定/

自律神経歪み改善専門コース

半額5,500円(税込)

※通常初回11,000円(検査2,200円+施術8,800円)

2回目以降 8,800円(税込)

料金・予約方法を詳しく見る

ご予約時に「HP見た」とお声かけください

LINE

カンタンWEB予約

脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

脊柱管狭窄症

この記事に関する関連記事