歩くと太ももの付け根から膝の横まで痛みを感じている時に疑う症状とは?

いつも当院のブログをお読み頂だきありがとうございます。

歩くと太ももの付け根から膝の横まで痛みを感じている60代の男性がご来院になられました。

その方は病院にてMRI検査を受けてらしく、診断結果は腰椎すべり症でした。

しかし、処方された飲み薬やリハビリでも結局は改善することはなく、途方に暮れておられました。

実は、腰痛を数年前から感じていたのですが、身体を一時的に休めさせると痛みが緩和していたので今まで放置されていたとのことでした。

しかし、今回は1週間前から歩く度に足の付け根から膝の横まで痛みを感じられ、このままでは今までのように回復しないと懸念され当院にお越しになりました。

そこで、シンメトリー整体を行い良い結果がでて大変喜んでいただけましたので是非動画をご覧ください。

 

 

 

脊柱管狭窄症、すべり症、パーキンソン、膝人工関節の70代女性(初回の効果)

before画像

脊柱管狭窄症と診断されてから歩行も杖がなくては歩けない状態でした。確かにこれだけ歪んでいる状態だと歩くことが難しいと思われました。

after画像

施術後は大きく曲がっていた腰が伸びて歪んでしまっていた背骨も整いました。その結果、姿勢が改善され歩くことも可能となりました。

実は、パーキンソン症候群と診断もされており、それに加え変形性膝関節症の末期状態で、人工関節置換術が施されている状態でした。

脊柱管狭窄症の前には腰椎すべり症と診断されておりました。

脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、パーキンソン症候群、膝人工関節、、、、と多岐に渡って色々とありますが、初回の施術を受けただけでも杖がなくても歩行が可能となり、とても喜んでいただけました。

更に症状を改善させ、もっと歩けるようになって頂けたら幸いです。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

「えっ?こんなので大丈夫なの?」でも良くなっていったので驚いてます。

お客様写真

腰痛からだんだん痛みが強くなり、腰から膝までが痛くなり歩けなくなっていました。

通勤のために家から駅までの10分間が歩き続けられず植え込みに座り込むこと5回。

病院に行ったら「手術」を勧めれれて途方にくれていました。

そこで、数あるホームページの中から当院が直感的に良さそうだったので、思い切ってお願いしました。

整体はきつくなくマッサージするというイメージだったので「えっ?こんなので大丈夫なの?」という印象でした。

しかし、どんどん良くなっていったので驚いてます。

自己治癒力、通い続けることの大切さなど先生の説明も納得できました。

今回、歩けないほどの腰痛を経験したことから治療の大切さを痛感しました。

そこでお伝えしたいのは、痛みがおさまってOKではなく、通い続けることをおすすめします。

歩けなくなるまで放っておかないこと。

自分は大丈夫、そのうち改善すると思わないこと。

年齢には勝てないので早めに自分の身体を守ってあげることが大切だと思います。

高田様 西宮市 61歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

キャンペーン

1日先着1名様限定/

自律神経&歪み改善専門コース

初回 1,980円(税込)

(院長 + 1,000円)

※2回目以降 6,600円
料金・メニューを詳しく見る

ご予約時に「HP見た」とお声かけください

カンタンWEB予約

LINE

腰椎すべり症について詳しくはこちら

腰椎すべり症

この記事に関する関連記事