スタッフ紹介

楠英一郎院長

楠英一郎院長

出身
西宮市に1歳〜4歳までその、その後は13歳まで大阪へ。それから海外へ8年間在住し、西宮に戻ってきました。
生年月日
昭和48年9月24日の丑年です。職人気質なところがあったようです、健康を通じて皆様のお役に立つことが私の使命です。
血液型
B 型です。超マイペースです。大胆さの中に繊細さを兼ね備えています。
役職
苦楽園院と西宮浜院の院長を務めています。そして、苦楽園院の同じビル内にパーソナルトレーニングジムの運営もしています。
資格
柔道整復師、鍼灸師、整体師、TRXサスペンショントレーナー
趣味
家族とお出かけが大好きです。幼少期から犬をずっと飼っていたので、今欲しいのは犬です。

なぜ、イギリス留学を中学からしたのですか?

なぜ、イギリス留学を中学からしたのですか?

中学受験に失敗したことがきっかけで、親からの勧めもあり13歳からイギリスに留学を決意しました。

親元を離れての寮生活は寂しかったですが、「何とかなる」という根拠の無いプラス思考が役に立ったと思います。

小学生の時からラグビーをしたかったこともあったので、イギリスでは念願のラグビー部の所属していました。

※上段の右から5人目が私です。(目を閉じてます笑)

日本に帰国した転機を教えてください。

日本に帰国した転機を教えてください。

阪神淡路大震災です。

当時は大学在学中に日本で震災が起こりました。

友達から日本が大変なことになっていると言われて、テレビをつけたら阪神高速道路が倒れている映像が目に飛び込んできました。

即刻、日本に電話をしても全然繋がらなかったことを覚えています。

その時、復興作業をしている外国人の方々をテレビで拝見し、日本人である私は居ても立ってもいられなくなりました。

間もなく、復興作業員達の英語通訳としてのご縁を頂いたので帰国を決意しました。

なぜ、語学を活かす仕事から、施術の道を選んだのですか?

なぜ、語学を活かす仕事から、施術の道を選んだのですか?

震災の復興も順調に進み、海外からの作業員たちも帰国し、私はこれからの人生を模索していました。

その時は、すでに正社員として働いていましたが、自分の中では違和感が残っていました。

その時、私は自分の力で直接相手に関わることで、相手に喜んで頂く仕事に就きたいと感じていました。

その根底には、私が育った環境があったのだと思います。

それは、私の祖父は私が生まれた時には既に半身不随でした。

その祖父を家族全員で介護している環境で育ってきた私は、人を助けることが至極当然の英才教育を受けてきたのだと思います。

そこで、私は国家資格を取得するために、医療系の専門学校に入学しました。

それから6年間の学生生活を経て、無事に鍼灸師、柔整師の国家資格を取得し、整骨院、診療所、整形外科、そして分院長として8年間の経験を積ませて頂き、2006年に開業をしました。

院長から皆様へメッセージをお願いします。

院長から皆様へメッセージをお願いします。

私は、アメリカの大学を卒業後、明治東洋医学院専門学校にて鍼灸学科、柔整学科で学びながら、整骨院、診療所、整形外科にて8年間の修行を経て、西宮市で2006年にくすのき整体院を開業しました。

修業時代から数えると、施術歴は20年以上となり、いまでも自己研鑽の為に技術セミナーには毎月参加しております。

何件もの病院に通っても症状が改善しないクライアント様を多く診させて頂いてきた中で、改善しない原因を探し続けてきました。

その結果、改善しない方に共通していたことは、背骨の歪みがあり、自律神経の働きが滞ることで、自己治癒力が機能していないことがわかりました。

そこで、私はこの原因に着目し、今まで研鑽してきた技術を結集させ、無痛で背骨の歪みを整えることで自己治癒力を高め、根本から症状を改善させる「シンメトリー整体」にいきつきました。

この整体法は、身体のバランスを左右均等(シンメトリー)に整えることで、身体に本来そなわる自己治癒力を高めます。

もし、あなたがどこに行っても改善しない不調でお悩みでしたら一度ぜひ「シンメトリー整体」を受けてみてください。

きっと、受けて良かったと思っていただけるでしょう。

あなたからのご連絡をお待ちしております。

 

 

赤本裕子主任

赤本裕子主任

出身
大阪出身ですが、今は甲子園球場の近くに住んでます。
生年月日
昭和48年11月17日 辛うじて院長よりも少し若いです。。
血液型
B 型 院長よりもマイペースです。。
役職
主任整体師
資格
整体師・TRXサスペンショントレーナー
趣味
バイクです♫(限定解除所有)あとDIYが得意で、院の施術ベッドのメンテナンスも行いました。
施術家になった理由
以前から健康にお悩み方のお役に立ちたいと思っていました。自宅には、等身大の骨格模型を購入し、体の構造を毎日考えていることがルーティンとなっています。これからも自己治癒力をつかったシンメトリー整体で体の可能性を追求したいです。

主任から皆さまへのメッセージをお願いします。

主任整体師の赤本です。

眠れないほどの痛みを抱えて来院される方や

長い間、辛い症状に悩まされてきた方に、

出会い同じ気持ちで真剣に施術に当たる日々。

そして、薄皮を剥すように少しずつ

しかし、確実に改善されていくことが

私の最大の幸せと感動になっています。

どうか、ご自身の治癒力を信じてくださいね。

松永優花先生

松永優花先生

出身
神戸市灘区
生年月日
平成9年10月24日
血液型
A型
資格
柔道整復師・TRXサスペンショントレーナー
趣味
機械体操
施術家になった理由
施術家である父親の影響

先生から皆さまへのメッセージをお願いします。

私は施術家である父親の影響で、この道を選びました。

その理由は、身体の不自由なクライアント様に対して真摯に対応している父親を幼い頃から見ていた私は、いつか自分もこの仕事に就くことが当然だと思うようになりました。

そんな私は高校を卒業と同時に、柔道整復師の資格を取得する為に、専門学校に入学し、その3年後には国家資格を取得し、楠院長の下でシンメトリー整体を習得させて頂きました。

これからは、多くのお身体のお悩みのクライアント様のお役に立てるように尽力させて頂きたいと思います。

宜しくお願いいたします。