腰が重だるい!その原因は正しい姿勢?!

あなたはご自身が「楽である」と感じられる姿勢が、良い姿勢とはまた違うことをご存知ですか?


一般的に良い姿勢というのは、「楽である」状態では決してありません。

 

今回の記事では、良い姿勢と「楽である」と感じる姿勢の違いについてご説明します。

 

良い姿勢が疲れる一番のわけ

単刀直入にいうと、筋肉で支えている姿勢だから疲労するわけです。

 

背中を丸くした脱力状態だと、骨と骨をつなぐ靭帯が身体を支えるので楽ですが、良い姿勢では筋肉を使って骨を支えようとしているので疲れが蓄積していきます。

 

疲れの蓄積が一定量を超えることで、良い姿勢は楽では無いと私たちは認識してしまいます。

 

しかし、良い姿勢だと脊柱は生理的弯曲であるS字カーブを形成するので、背骨の骨や関節、靭帯や椎間板にかかるストレスは最小限となります。

足も良い姿勢は疲れる?

実は足についても同じことが言えます。
背筋をのばして両足で均等に立っているときは、股関節や膝、足首も筋肉で支えています。

 

どちらかの足に重心を寄せて力を抜いて「休めの姿勢」をしているときは、筋肉ではなく靭帯で支えていますので楽だと感じる事が出来ます。

 

よい姿勢で立っているときは、筋肉を使っていますから、足の筋肉は疲れます。
足の筋肉を使っている分、骨や関節や靭帯にかかるストレスは最小限となっています。

 

良い姿勢=筋肉を使った姿勢

筋肉と姿勢

良い姿勢は筋肉で支えた姿勢なので疲れます。

 

でも疲れるということは、筋肉が鍛えられているということですので能動的に良い姿勢を保つように行うべきなんです。

 

まとめ

 

良い姿勢のメリットは、骨は関節、靭帯、椎間板にかかるストレスが少ないこと、そして筋力強化ができることです。

 

逆に良い姿勢のデメリットは、筋肉の疲労が溜まるということです。

 

簡単にいういと、良い姿勢は「筋肉を使っている」「靭帯は休んでいる」とういことになります。

腰椎ヘルニア30代主婦(初回の効果)

before画像

腰の激痛により均等に体重をかけることができません。その結果、身体が大きく歪んでいる状態です。

after画像

初見1回の施術だけでも歪みが改善していることがわかります。これは腰の痛みが改善しているからなんですね。

この方は普通の日常生活をしていてヘルニアが発症しました。実は今回が2回目で、前回は病院で腰を引っ張る施術を受けたそうです。その時は、改善したそうですが、再発してしまったので根本的な改善を望まれて当院に来院されました。初見の時は腰の激痛が発生しており、歩行はおろか立ち続けていることも辛そうでした。しかし、今回は1回だけの施術での劇的に改善されております。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

産後の腰痛、恥骨痛30代主婦(1クールの効果)

before画像

骨盤の歪みにより恥骨が痛むので正座をするのが辛い状態。その為、背骨を伸ばすこともできない。

after画像

骨盤の歪みが整い、恥骨の痛みが解消され、正座が可能に。その結果、背骨が伸びて姿勢が改善しました。

産後3週間が経過しても腰痛と恥骨痛が改善せずに悩んでおられました。妊娠される前からも腰痛は持病だったようで、産後は更に症状が悪化し、歩くことが困難な状態になられ、椅子に座ることもできませんでした。そこで1クール(10回)の施術を受けて頂きました。その結果、劇的に改善され、歩くことも、座ることもできない状態でしたが、それらは全く問題なくなり大変喜んでおられました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

脊柱管狭窄症、すべり症、パーキンソン、膝人工関節の70代女性(初回の効果)

before画像

脊柱管狭窄症と診断されてから歩行も杖がなくては歩けない状態でした。確かにこれだけ歪んでいる状態だと歩くことが難しいと思われました。

after画像

施術後は大きく曲がっていた腰が伸びて歪んでしまっていた背骨も整いました。その結果、姿勢が改善され歩くことも可能となりました。

実は、パーキンソン症候群と診断もされており、それに加え変形性膝関節症の末期状態で、人工関節置換術が施されている状態でした。脊柱管狭窄症の前には腰椎すべり症と診断されておりました。脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、パーキンソン症候群、膝人工関節、、、、と多岐に渡って色々とありますが、初回の施術を受けただけでも杖がなくても歩行が可能となり、とても喜んでいただけました。更に症状を改善させ、もっと歩けるようになって頂けたら幸いです。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ぎっくり腰について詳しくはこちら

ぎっくり腰

この記事に関する関連記事