ズキズキと痛む腰痛!そんな時は腰を温めるのか?冷やすのか?

急に腰が痛くなると、その場所に炎症が起きるので押すと鋭い痛みを伴います。

間違ってもマッサージなどを受けると更に状況を悪化させますのでご注意ください。

 

今回の記事では、腰痛になったときにベストな温度調整についてお話します。

 

急に腰が痛くなった、その時に

 

 

最初に行うことは、痛みがある場所を冷やすことです。


冷却を効果的に行うには氷を注意して使うことが必要です。

 

実は、色々なサイトや書籍で書かれているような氷をアイスパック(氷嚢)に入れて腰に20分程度あてておくだけでは、ダメなんです。

 

アイスパックで20分というような冷やし方をしてしまいますと、かえって腰にスパズムと痛みが強くなります。

 

ちなみにスパズムとは筋肉が固まって動かなくなる状態を言います。
痛みがあるなかで、更に硬くなると痛みも強くなってしまうので、注意して下さいね。

 

アイスパックでの冷却法だと氷そのものが筋肉の血管を収縮させるので、血流が悪くなり痛みのある場所には逆に良くない効果を与えることになってしまいます。

 

効果の高い冷やし方は?

 

効果を上げるには、氷で皮膚をゆっくりと丹念に上下に皮膚がピンク色に変化するまで擦るようにして使うのが一番効果的です。

 

腰の痛い部分の片側に5分間、次に反対側に5分間使うのが腰痛の初期には効果的です。

 

この氷の施術具は簡単に作れます。

 

水を紙コップに入れて、冷凍庫にいれておくだけです。


紙コップの中の水が氷ったら紙コップを氷から剥がして直接皮膚にあてます。

 

もしも冷た過ぎるようであれば、氷の塊をタオルに包んだものを代用してもよいでしょう。

 

では、いつ温めるのが良いのでしょうか?

 

温め始める時期

 

ぎっくり腰や急な腰痛は、腰に炎症を起こしています。


炎症は刺激を受けている場所に水分を貯留させます。

 

この水分は痛みの物質などが混ざった液体なので炎症部位から除去していく必要があります。

 

水分を取り除くには痛い場所を温めて血液の流れを改善していくのが一番良い方法です。


温めだす目安は、痛みが半分以上引いてからになります。

 

あまり冷やさずに温めてしまうと悪化して動けなくなることもあるので、注意して下さいね。

 

温める方法としては、蒸しタオルなどを使うことをお勧めします。


蒸しタオルは電気などによる熱よりも痛みのある深い場所まで伝わりやすいからです。

 

蒸しタオルで温める方法は1回20分程度を1日2~3回行ってください。

 

まとめ

 

腰が痛むと温めることが良いのか?冷やすのが良いのか迷ってしまいますよね。


今回の記事では冷やし方と温め方についてお話しています。

まとめると

 

急な腰痛のときは先ず冷やす

効果的な冷やし方を選ぶ

痛みが半分以上治まってから温める

温めるときは蒸しタオルを使う

 

と、なります。
是非お試しください。

 

それもで、痛みが改善されないのならそれは筋肉に問題があるのではなく、腰骨の歪みからと考えた方が良いでしょう。

 

その場合は、当院にお気軽にご相談ください。


しっかりと治して快適な日々を送りましょう。

【初回施術】ぎっくり腰、ヘルニア、歩行障害(西宮市 30代)

before画像

腰の激痛により、歩行が困難な状態でした。左側に体重を乗せることができません。身体の歪みもかなりのものです。

after画像

施術後は腰が楽になり、左側へ体重を乗せることが可能となりました。背骨の歪みも改善しています。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

産後の腰痛、恥骨痛、歩行障害(西宮市 30代)

before画像

骨盤の歪みにより恥骨が痛むので正座をするのが辛い状態。その為、背骨を伸ばすこともできない。

after画像

骨盤の歪みが整い、恥骨の痛みが解消され、正座が可能に。その結果、背骨が伸びて姿勢が改善しました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

キャンペーン

1日 先着名様限定/

自律神経歪み改善コース

初回5,500(税込)

2回目以降 8,800円(税込)

料金・予約方法を詳しく見る

ご予約時に「HP見た」とお声かけください

LINE

カンタンWEB予約

ぎっくり腰について詳しくはこちら

ぎっくり腰

この記事に関する関連記事