脊柱管狭窄症による腰痛、右膝関節痛、歩行障害 【初回施術】90代女性

before画像

転倒してから腰痛が悪化し、脊柱管狭窄症と診断される。腰痛で腰が丸くなり、左膝の痛みを感じているので杖を手放せない状態です。

after画像

初回の施術で腰骨の歪みが整い、腰痛が改善した。その結果、姿勢が良くなり、膝への負担が軽くなった。

脊柱管狭窄症と診断され、現在は近隣の整形外科で投薬と注射を定期的に受けていました。

しかし、その状態を続けていても症状は悪化しており、手術を提案されていました。

ご本人様は、ご年齢のこともあり、手術は極力避けたいとのことでした。

そこで、施術を行いましたが、初回だけでも大きく変化があり、大変喜んでいただけました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状のBeforeAfter

側弯症による腰部椎間板ヘルニア、歩行障害の20代女性
脊柱管狭窄症による腰痛、足のシビレ、歩行障害 【初回施術】80代女性
パーキンソンによる身体の強張り、歩行障害(西宮市 30代 男性)