パーキンソンによる腰痛、姿勢悪化、歩行障害(伊丹市 60代 男性) 

before画像

腰痛の原因である腰骨の歪みにより、身体は大きく左側へ傾き、バランスが悪い状態でした。

after画像

3回の施術により、腰骨の歪みが整い、身体のバランスも明らかに改善した。

6年前からパーキンソンと診断され、お薬で症状を抑えておられましたが、ここ半年前の定年退職から持病の腰痛が悪化してきたことがお悩みでした。

腰痛が悪化していくと、太腿にまで痛みが走るようになり、歩行障害にもなっていました。

その原因は、基礎疾患であるパーキンソンによる背骨全体への歪みでしたので、施術をいたしました。

3回ほどの施術で、初診時の時より明らかに歪みが整い、姿勢が大きく改善されました。

腰痛は改善しましたが、基礎疾患のあることから、再発しやすい為、暫くは週1回ペースでの通院が望ましい状態です。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状のBeforeAfter

側弯症による腰部椎間板ヘルニア、歩行障害の20代女性
側弯症による脊椎の湾曲、腰痛でお悩みの18歳女性(初回施術)
頚椎のズレによる目眩(めまい)、頭痛【初回施術】40代女性