顎関節症【顔の歪み】30代男性(初回の効果)

before画像

3年前から徐々に顎の動きに問題を感じていおり、口を開けると下顎が左に傾いてしまっている。この状態は顔が歪んでいるともいえる。

after画像

施術後は顎の動きが軽くなり、下顎が正中線上に動くようになった。たった1回でも大きな効果が現れた。

この方は顎の動きが悪くなっていたにも関わらず、その内に改善すると思っていたようです。しかし、状態は徐々に悪化しており、下顎が傾いた状態にまでなってしまいました。顎の動きは背骨の歪みが影響しているので、顎を触らずに、お身体の全体の調整により症状を改善します。「木を見て、森を見ず」と言いますが、局所だけへのアプローチだけでは枝葉だけにアプローチしていることと同じです。全体像を把握し、それに対して調整することが不可欠だということが証明されました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状のBeforeAfter

顎関節症【開口障害】20代男性(初回の効果)