追伸

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

ここで私の幼少期のお話をさせてください。

私の両親は共働きだったため、幼少期から私は祖父母に育ててもらいました。

昔、祖父は脳溢血で倒れ、当時はリハビリもなく、半身不随になってしまいました。

祖母も虚弱体質だったので、私は祖父のお手伝いをする環境で育ちました。

そんな祖父は薬を毎日飲み続けていましたが、車椅子生活を余儀なくすることになりました。

私が治療家への道を志したのも、こんな祖父の影響が大きかったことは言うまでもありません。

祖父の身体を改善してあげれなかったことが、今でも治療の技術向上の強い原動力になっております。

私は一人でも多くの方が、薬が不要な健康な状態になってもらいたいと願っております。