不調の原因(脳梗塞後遺症)

脳梗塞後遺症は、頚椎(首の骨)の歪みが放置されることで、自律神経のバランスが崩れて発生します。

 

その結果、副交感神経の働きが弱くなり、筋肉の弛緩ができなくなり発生してしまいす。

 

脳梗塞後遺症を改善するには、頚椎の歪みを整え自律神経の働きを正常にすることが必要です。