不調の原因(有痛性筋痙攣)

有痛性筋痙攣は、腰椎(腰の骨)の歪みが放置されることで、自律神経のバランスが崩れて発生します。

 

その結果、自己治癒力が低下してしまい、神経への血液循環が悪化し発生します。

 

有痛性筋痙攣を改善するには、腰椎の歪みを整え自律神経の働きを正常にすることで自治癒力を発揮させることが必要です。