不調の原因(起立性調整障害)

起立性調整障害は、背骨の歪みが放置されることで、自律神経のバランスが崩れて発生します。

 

その結果、自己治癒力が低下し、不眠・めまい・息苦しさ・微熱などの不調を発生させます。

 

起立性調整障害を改善するには、背骨の歪みを整え自律神経のバランスを整えることが不可欠です。