不調の原因(顎関節症)

顎関節症は、頚椎(首の骨)の歪みにより、顎関節の動きの障害に加え、自律神経のバランスが崩れることで発症します。

 

その証拠として、顎関節症に陥っている方には、肩こり、頭痛、耳鳴り、めまい、不眠症、便秘などの自己治癒力の低下を招いているケースが比較的に多く見受けられます。

 

顎関節症を改善するには、頚椎の歪みを整え、顎関節の動きだけでなく、自律神経のバランスを整えることが不可欠です。