不調の原因(パーキンソン)

パーキンソンによる背骨の歪み(姿勢の悪化)を放置すると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

その結果、自己治癒力が発揮できなくなり筋肉が緊張し、振戦硬直が進行し歩行が困難になってしまいます。

パーキンソンを改善するには、背骨の歪みを整え自律神経のバランスを整えることが不可欠です。