パーキンソンによる腰痛の改善例(伊丹市 60代 男性)

before画像

腰が曲がってしまい、軽くお辞儀をしている状態でした。

after画像

腰骨が伸びたことで、背中が広がり、腰痛だけでなく呼吸も楽になられました。

パーキンソンと診断されて6年が経過していましたが、腰痛が発症してきたのはここ半年前からでした。

定年退職で半年前にお仕事を辞められてから、腰痛が発症し、お薬の効果も感じない状態でした。

そこで、パーキンソン特有の硬直が認められたので、自律神経の調整を行いました。

その結果、腰骨の歪みが徐々に改善していき、曲がっていた背中を伸ばせるようになられました。

この時点では、また1回だけですので、ご本人様の体調に合わせて今後は更に改善を目指していきたいです。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状のBeforeAfter

パーキンソンによる首下がりの改善例(広島県 50代 男性)
パーキンソンによる腰痛の改善例(宝塚市 60代 女性)
パーキンソンによる首下がりの改善例(加古川市 50代 男性)